スマートブランディング

ブランディングと売上について

経営者にとって、売上向上やコストの削減は永遠の課題です。売上向上を図る方法には様々なものがありますが、ブランディングもそのひとつになります。こちらでは、ブランディングと売上との関係に焦点を当ててみたいと思います。


ブランディングは利益の礎となる

ブランディングによって強いブランドを形成すると、企業は様々な恩恵を受けられます。例としては「競合との差別化」や「顧客の固定化」、「価格プレミアムによる価格競争の回避」などが挙げられます。強いブランドは多方面にその恩恵をもたらし、長期的な利益の礎となるため、近年ではブランディングに対する関心も高まっています。


ブランディングとブランド・ロイヤルティ

ブランディングを行うことによって、消費者との間にブランド・ロイヤルティを構築することが出来ます。ブランド・ロイヤルティとは、特定のブランド製品及び商品に対する経験的な満足感から、それらの製品群の購入に際して妄信的に選好する信頼度・愛着度を示す言葉です。ブランド・ロイヤルティによって関係が構築されている消費者を「ロイヤルカスタマー」と呼びます。ロイヤルカスタマーは、口コミ等でブランドの価値を高めてくれる存在です。ロイヤルカスタマーの存在は、ブランドの成長・維持には欠かせないものになります。


ブランディングとプロモーションコスト

強いブランドは「セールスプロモーションの依存度が低い」という特徴があります。これは、ロイヤルカスタマーの存在やブランド力に起因しています。 先述の通り、ロイヤルカスタマーは継続的にその製品群を選ぶ傾向にあるため、ある程度の売上は保障されているといえます。また、強いブランド力はその知名度故に広告費を最小限に抑えることが出来るので、プロモーションコストに大きく依存することがありません。ブランディングは、このように売上を伸ばしてコストを削減させ、大きな利益をもたらすのです。


開業前のコーチングで得られるもの

経営トップという立場にいると、なかなか全てをさらけ出して話をするという機会は少ないかもしれません。しかし開業前の多忙な時期にこそ、経営者様には己の可能性を引き出し、支えてくれるコーチの存在が必要ではないでしょうか。


経営は自分を知ることから始まる

一般的に、開業した後の会社や店舗を経営者様の思い通りに維持運営していくことは非常に困難といわれており、従業員とも意識やメンタル面でのギャップが発生することも多いです。人間は本来「話す」ことによって思考の整理が出来たり、潜在意識に隠れている大切なことに気づけたりします。経営のプロであるコンサルタントとのコーチングを行うことで、経営者は客観的に自分を見つめ、己のリーダーとしての課題や、強みなどを明確にすることが出来るようになります。


開業前コーチングを受けることで

実際に開業して日々の業務に追われてしまうと、なかなか自分の時間を持つことが難しくなってしまいます。そのため、開業前にコーチングを行うことをおすすめいたします。自分を見つめ直す時間が取れると、自己発見に繋げやすくなります。さらにコーチングによって抱えている悩みや問題を一つずつ解決していくと、自分の中に新たなスペースが出来、アイディアも生まれやすくなってきます。

自分の思考の枠を超えるには、第三者からの様々な視点が必要です。 例えば店舗開業前コーチングでは、店舗の外観や内観、POPの内容、商品ディスプレイなどを第三者目線でチェックしていきますので、より顧客満足に近づくためのお手伝いが出来るものと自負しております。

ブランディングに必要な社内啓蒙

多くの企業様が生き残りをかけて様々な戦略を立てていますが、その中でも力が注がれているのが企業のブランディングです。ブランディングを行うことにより企業には様々なメリットが生まれます。そんなブランディングをしていくにあたり大切なことは、経営者様がコーチングなどでブランディングについて学び、従業員一人ひとりに落とし込むことです。


社内啓蒙が必要な理由

企業の商品やサービスは社員が作り出すものです。 経営者様だけでなく、社員にブランディングの意識がなければ、そのブランドを確立できるような商品やサービスはできません。 人材はその企業にとっての宝であり戦力です。 社員が一丸となり同じ方向へ進む意識を持つことが大切になります。


全体での社内啓蒙

ブランディングを社内に浸透させるには具体的にどんなことを行っていけばよいのでしょうか。

研修やセミナーを利用

社員研修やセミナーを行う企業様は多いかと思いますが、その際に基本的なブランディングについてのコーチングや、自社の構築したいブランドについてのコーチングを行います。また、通常の研修やセミナーのプログラムの中に自社のブランド戦略を考えるプログラムを用意し、社員に自然とブランディングについての課題を与え考えさせる方法も有効です。自社が持つ付加価値とは何か、どんなブランディングをすれば企業が成長するか、どんな商品やサービスを開発していくべきかを考えさせることができます。

様々な行事ごとの経営者の挨拶にて

企業には年間行事として様々なものがあり、経営者様の挨拶もその度にされるかと思います。その挨拶の際、ブランド方針の表明を常に行うことで社員に浸透しやすくなります。年頭の挨拶や新入社員が入ってきた際、また新たなブランド戦略が構築された際にブランド方針を社員全員の前で発表するなど、社員が揃った場でのブランド方針の表明はとても重要です。


個別での社内啓蒙

事業部ごと、部署ごと、課ごと、グループごと、個人別などに分け、ブランド方針について考えさせる場を作ったりすることも社内浸透させるには効果的です。商品・企画開発の際、またそれらのプロモーションを行う際の意識の向上が期待できます。

3C分析について

どの市場においても、マーケティング戦略を立てる際に欠かせないのが「3C分析」です。マーケティングを成功に導くためには、まず自社を取り巻く環境について詳細に知る必要があります。効率的に環境分析を行うためにも、是非「3C分析」を活用しましょう。開業をお考えの経営者様にとって、大きな目標となるのは経営の継続と売上向上による利益ではないでしょうか。売上および利益を向上させることが出来れば、経営企業や店舗を成長させてビジネスを拡大させることも夢ではありません。そのためには、競合会社との戦いを勝ち抜ける「経営戦略」を練る必要があります。こちらでは、5種類の経営戦略論についてご紹介いたします。


儲かる戦場で戦う「戦場型」

儲かっている業界・業種の中にいれば、自社も儲かるという考え方です。 儲かる業界の中に自社のポジションを見つけ、位置づけるマイケル・ポーター氏のポジショニング戦略法も有名です。ただし、ポジションを決めるだけで利益に繋がるわけではありませんので、このあたりには注意が必要です。


独自の強みを持つ「独自資源型」

業界内に自社のポジションを位置づけるだけでなく、独自の能力や資源で競争を有利にするという戦略論です。他社には無い優秀な人材や特許、デザインなどは自社独自のものであり、競合会社との競争を有利にするための要素になります。


差別化を図る「差別化型」

自社独自の資源や能力があっても、他社と似たような商品やサービスでは競争に打ち勝つことが出来ません。新しい価値を見出し、競合会社との差別化を図ることによって価格競争にも巻き込まれる心配がなくなります。また、ファンを増やすことも出来ます。


顧客ニーズを考える「顧客型」

マーケティング戦略のベースが、顧客型の戦略論です。経営を維持していくには、顧客の存在が欠かせません。既存の顧客を維持するのはもちろん、新規顧客を増やすことが重要です。


魅力的なメッセージを送る「メッセージ型」

メッセージ主導型の戦略論は、マーケティングは商品の差別化や独自の資源を競い合うのではなく、お客様の心に響く魅力的なメッセージを送ることで儲かるという心理的な戦略論になります。広告やPOPなどで効果的なプロモーションを行い、購買意欲を掻き立てる方法です。


3C分析とは

3Cは、分析するべき対象「Customer(顧客)」、「Competitor(競合会社)」、「Company(会社)」の頭文字からなる言葉です。顧客のニーズや競合会社の動きをチェックし、それを踏まえた上でどのようなアプローチをかければ成功出来るか探る分析手法になります。さらには自社分析も行い、その強みを活かしたマーケティングを行うという方向に運んでいきます。


顧客ニーズを把握するCustomer分析

マーケティングのスタート地点は「Customer(顧客)」です。顧客のニーズを把握することは、商品開発を今後行うために欠かせないプロセスになります。この顧客分析では、表面上のニーズだけでなく顧客の本来の目的を読み取ることが重要になります。直接的なヒアリングやアンケートなど、予算や人員に応じた方法で顧客ニーズを読み取りましょう。


競合会社の動向を分析するCompetitor分析

ビジネスチャンスを常に狙っている競合会社というのは、どの分野においても存在しています。競合会社に勝つためには、競合会社がどのようなマーケティング活動を通じて顧客ニーズに応え、製品やサービスを提供しているのか把握し、対応策を講じる必要があります。自社製品やサービスを選んでもらうには、デザインやスペック、価格など、他社との差別化を図っていくことがポイントになります。


自社のマーケティング戦略を決めるCompany分析

マーケティング戦略を練るためには、競合会社の分析と同じように自社分析を行って、他の競合会社と差別化出来る「強み」を見出す必要があります。そして、理想を現実のものにするためには「強み」だけでなく「弱み」をカバーすることも大切です。自社の「強み」と「弱み」をしっかりと把握して、マーケティング戦略を構築していきましょう。

送料無料 水 天然水 ミネラルウォーター 2Lペットx12本入り 飲料水 お水 サントリー SUNTORY 天然水 南アルプス 2L 12本 南アルプス天然水 Natural Mineral Water 軟水 ALPS 南アルプスの天然水